上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしカードを落としてしまったり、盗難に遭った場合は速やかにクレジットカード会社に連絡してカードの利用を停止してもらい、最寄の警察(交番)に届出を出して下さい。

クレジットカードには補償制度がありますから、もし不正使用されても紛失・盗難の届出があった日から60日間遡って全額補償を受けられます。
但し、暗証番号を使い使用された場合は暗証番号を知られないよう気をつけなかったカード所持者に落ち度があるとされ補償が受けられません。暗証番号は生年月日などから推定されにくい数字にし、暗証番号の控えなどのメモ紙はカードとは一緒にしておかないなど暗証番号を他人に知られないようにしなければいけません。

たまにクレジット会社にのみ連絡し、警察へは面倒だから届けを出さないという人がいますが、クレジットカード会社は警察への届けがなければ補償してくれません。警察への届出がなく、クレジットカード会社に連絡すればよいだけなら虚偽の申告をして自作自演で詐欺を働く可能性もあるわけですから当然ですよね。

TOPへ戻る
スポンサーサイト
2006.04.17 カード詐欺
昨今、カード詐欺被害は増加の一途をたどっています。
そこで今回は主なカード詐欺について解説します。

偽造カード(詐欺スキミング)
 スキミングとはカードを偽造する手法の一つです。
カード情報を読み取る機械を用いて、カード情報を不正に読み取りそのデータを下に偽造カードを作る手法です。カードの情報のみを盗み取るため被害にあった跡に気づくことが多く厄介です。
クレジットカードを相手に渡して相手が自分から見えないところに消えたら要注意です。
 以前に風俗店でサービスを受けている最中に従業員が勝手にカードを抜き取りデータだけ読み取って帰る際にはカードを財布に戻していたのでスキミングされたことに気づかず請求が来て初めて被害あったことに気づいたという記事が新聞に載っていました。ゴルフクラブでも似たような事件(この事件の場合は犯人は従業員ではなく詐欺集団)がありました。
クレジットカードは、お金と一緒です。油断大敵です。

フィッシング詐欺
フィッシング詐欺とは偽HPからカード番号・暗証番号を入力させ個人情報を詐取する手法です。

      カード会社や銀行を装いHPへのリンクを貼ったメールを送りつけてくる。
                          ↓
メールを受信した側は、カード会社・銀行からのメールだと思い込みURLをクリックする
                          ↓
              本物と見分けのつかない偽HPへと飛ぶ
                          ↓
       カード番号や暗証番号を入力するよう指示が出るため入力する
                          ↓
                カード番号・暗証番号を詐取される


※被害あった際はカード会社、警察へ必ず連絡してください。

随時、生徒募集中です。入学資格はクリックして見て頂くだけですので、お気軽にお立ち寄りください。

<カリキュラム>

審査について

属性とは?

在籍確認

金利について

信用情報機関について

返済方式

貸金業登録番号

返済が遅れると・・・

闇金とは?

契約条項について

名義貸しとは?

※随時追加、修正していきます。

TOPへ戻る
消費者金融各社によって加盟している個人信用情報機関は様々です。
よって申込をする際は、申込をする会社が加盟している個人信用情報機関以外の信用情報機関に加盟している他社からの借入れ分は申告しなくてもよいのです。(但し情報を共有している機関もあるので注意しましょう。)

個人信用情報機関には次のような会社があります。

●全国銀行個人信用情報センター 「KSC」
全国銀行協会が運営する信用情報機関で、銀行・信用金庫・信用組合・労働組合・政府系金融機関・信用保証協会などと、協会会員から推薦を受けたもの(個人向けに与信業務を営むクレジットカード会社・リース会社・保証会社・消費者金融専業会社など)が加盟。

●株式会社シー・アイ・シー  「CIC」
社団法人日本クレジット産業協会と社団法人全国信販協会が母体の信用情報機関会社。クレジットカード発行会社(含む信販会社)と、信用保証会社、自動車や機械等のローン・リース会社、小売店などと、一部の大手消費者金融会社が加盟。流通業・信販・クレジットカード業の為に設立された情報機関であるため、銀行等金融機関は加盟出来ない。

●株式会社シーシービー  「CCB」
既存の信用情報機関に加盟出来なかった外国資本の消費者金融専業会社などが設立した信用情報機関。信販・金融機関・消費者金融専業・リース・ローン会社が加盟・出資。

●全国信用情報センター連合会(全情連) 「FCBJ」
消費者金融専業会社と商工ローン会社の各社が出資して設立した全国33箇所にある信用情報機関会社を統括。

●株式会社テラネット
全情連の制約により加盟出来ないクレジットカード会社等が全情連に登録されている情報を参照出来る様に、運用が開始された信用情報機関。テラネット加盟会社は与信対象である個人の全情連登録情報(借入件数のみ)を参照出来ます。

KSC・CIC・FCBJの3社間で異動情報(長期延滞など)が発生した際には、一定期間情報が交流されます。これをCRIN情報といいます。

ちなみに自分自身の信用情報がどのように登録されているのかを知りたいときは各信用情報機関会社の本人開示制度によって見ることができます。
虚偽の申告をすると申込の際不利となりますのでご自身の登録状況を把握して申込されることをおすすめします。

●キャッシング大学開講中です●

いまでは手軽にキャッシングが可能になりましたが、契約内容をちゃんと把握している人は少ないと思います。
そこで、契約条項のなかでも重要なものを説明します。

①返済方式を守ること
契約時に選択した返済期日、返済日は厳守しなければいけません。
万一、返済が遅れる場合は予め貸金業者へ電話で相談してください。

②勤務先、住所、電話番号、姓名(結婚・離婚などにより)などが契約時に申告した内容より変更があった場合は、必ず貸金業者へ連絡(電話・インターネットなどで)しなければいけません。
連絡しないと追加融資などを受けられなくなります。

③返済期日よりも返済が遅れた場合は、遅延損害金を支払わなければいけません。遅延損害金の利率は契約時に設定されています。(どこの会社も大体年率29.20%です)

④他社からの借入が増えると利用限度額が制限される場合があります。
他社から借入しても連絡する必要はありません。貸金業者は信用情報機関より借入状況を見ることができます。

⑤長期延滞・契約不履行の状態が続いたり、契約時の申告内容に虚偽があることが判明した場合は、信用が損なわれ残額を一括請求されることもあります。
返済という義務を果たさなければ、分割して返済できる権利を失うということです。これを「期限の利益の損失」といいます。

他にも、色々な契約条項があるので契約内容を確認してみることをお勧めします。

●キャッシング大学開講中です●

名義貸しという言葉を知っているでしょうか?
名義貸しとは、消費者金融やクレジットカード、携帯電話の契約を申し込む際に、申込者本人の属性では審査が通らないため、他人の名義で代わりに契約を結ぶことをいいます。
申込者本人の属性で審査が通らないということは申込者が多重債務者であったり無職であったり、以前にトラブルを起こしている場合が考えられます。

 名義貸しを頼むぐらいですからよっぽど親しい人間や親族などにお願いすることになるでしょう。お願いされた方も親しい仲にある人から頼まれたことなので無下に断れず、その人を信用して名義を貸してしまうこともあることでしょう。

 しかし、もしも自分に名義を貸しを頼んだ人が支払い不能になったり行方をくらましたり裏切ったりした場合は、全ての債務・責任が自分に回ってきます。回ってくるというよりは契約した時点で全債務の返済義務は名義貸し人にあります。契約は名義貸し人の名義になっているのですから。自分に名義を貸しを頼んだ人の名前は契約書には一切書かれていません。あくまで契約者は名義貸し人である自分になるのです。
「自分は名義を貸しただけです」なんていっても何の法的根拠がないのです。

 名義を貸すということは、保証人になるよりも何倍もの責任が重く圧し掛かってくるということを認識しなければいけません。
名義を貸してくれなどと言ってくる恋人、友人とは縁を切ったほうがいいかもしれません。相手のことを大事に思っているならそんなことを頼んでくるはずがないですから。普通は自分の家族に頼むべきことです。それが無理なら法的整理をすべきなのです。
「名前だけ貸してくれ」=「俺のために借金してくれ。」と同意語なのです。
名義貸しなんて絶対にしてはいけません。お金の切れ目は縁の切れ目ですよ。

TOPへ戻る
具体的に闇金(ヤミ金融)の手口には次のようなものがあります。

●ホームページを開設しネットで勧誘するもの
⇒最近は闇金の多くはHPを開設しています。
好条件・独自審査などついつい申し込んでしまいになりますが申し込んだら最期です。申込をキャンセルしようとしたらキャンセル料を請求されたり、いたずら申込だから訴えるなどと脅してきます。
下手に対応しないで無視してください。
あまりにしつこい場合は警察、専門家(弁護士、行政書士)にご相談を。

●破格の好条件、無審査(独自審査)を謳っている
⇒商売として成り立ちません!手数料など色々な名目で実際には超高金利で融資額も1~5万円と少額です。
トイチ(10日で1割)
トサン(10日で3割)
トゴ (10日で5割)などなど

●貸金業登録認可を得て良心業者を装い営業。
⇒東京都知事認可(1)←のようにカッコ内の数字がである場合が多いです。

●マンションの一室で電話一本で営業
⇒どう考えても人に融資するお金がありません

●電話ボックス、電柱、車のワイパーなどに張り紙をしている
⇒目に付きやすく人の気を誘いますが100%闇金です。

●雑誌(アダルト雑誌やギャンブル雑誌)、スポーツ新聞に広告を載せている
⇒新聞に載っているくらいだから安心だろうと思ったら大間違いです。
小さい広告は大概は闇金です。

●DM(ダイレクトメール)を送付してくる
⇒正規業者は絶対にDMなど送ってきません。

●090金融、080金融
⇒携帯電話番号以外明かさない業者は闇金です。
商法上、会社を営業するには所在地を登記をしなければいけません。

●事務所に来店の客に威圧感を与え、無理やり貸出す
⇒下調べをしてから行きましょう

●宅急便で送金融資し、住所を確認する
⇒怖い取立てが来ます。正規業者で宅急便で送金融資はまず無いでしょう。

●借りて無いのに貸したと高額な請求し脅して来るもの
⇒無視もしくは即警察へ通報してください。

●勝手に振り込み押し貸し
⇒警察・専門家にすぐ通報、相談してください。
絶対にそのままにしないこと!

●他の金融業者を紹介される(いわゆる紹介屋です)
⇒紹介された金融業者とは全くの無関係です。申込者の属性から審査が通りそうな業者に申し込むようにし向かけ融資額の何割かを紹介料として騙し取ろうという詐欺です。

●契約書を渡さない
⇒貸金業者は契約書を交付する義務があります。
闇金は 違法営業のため、証拠となる契約書を渡さないこともあります。


など色々な手口で私たちを狙っています。
警察も一昔前と違い闇金に対しては厳しく対処するようになりました。
(新聞で闇金経営者逮捕という記事をよくみかけるようになりました)

闇金は、借り入れした本人だけでなく家族、知人、勤務先、近隣の人にも取立てや迷惑行為など構わず行います。

借り入れする場合は、絶対に借り入れ業者からしましょう。
正規業者と闇金の見分け方はこちら

これ以上正規業者から借り入れできないときは債務整理をおすすめします。

TOPへ戻る
検索エンジン登録代行 アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。