上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.13 在籍確認とは
キャッシング会社は申し込みを受け、審査する際には必ず申込み者の勤務先に、在籍確認の電話連絡をします。本当にその会社で働いてるかどうかを調べるためです。
もちろん、キャッシング会社は顧客のプライバシーを重視するので社名は絶対に言いません。知人を装って個人名で連絡してきます。会社や知人にばれることはまずありません。

「~と申しますが、~さんいらっしゃいますか?」
といった感じです。
申込者が勤務先にいる場合は電話を取り次がれて、確認OKとなります。外出時や休みの日でも電話に出た人がその旨をと返答すれば確認OKとなります。
勤務先が私用電話に厳しい場合は、キャッシング会社のその旨を話すと保険の勧誘員を装ってくれる業者もあるようです。

注意しなければならないのは次のような場合です。
①事務員がおらず誰も電話に出ないとき。
②携帯電話などに転送される場合
などです。
このような場合は融資額が低く設定されたり審査が通らないことが多いようです。

自営業者の場合は自宅兼会社となっているケースがほとんどです。在籍確認は同じように行いますが、家族が電話に出て口裏合わせをしている場合も考えられるので、宅急便を装って近隣の住宅を利用する場合もあるようです。
 
「○番地の△△建築宛てにお荷物を届けたいんですが、看板が出てないようで見当たらなかったんですよ。それで近隣の方にお聞きしようと思って電話した次第なんですが、お分かりになりますでしょうか?」 
といった感じです。

TOPへ戻る
スポンサーサイト
検索エンジン登録代行 アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。