上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正規の消費者金融会社か闇金(ヤミ金融)かの見分け方をご紹介します。

①金利が異常に低すぎないか?
消費者金融は融資したお金の利息が収入源です。
2%とか3%などの金利では、商売として成り立ちません。よって低すぎる金利で融資すると謳っているところは闇金の可能性が高いです。
実際にはそのような低金利で融資する訳は無く、利息とは違う名目でお金を払うことになります。

②融資限度額が異常に高くすぎないか?
一般の消費者金融では最高限度額50万円の商品が主力になっています。51万円超の融資の場合は慎重に審査することになっています。
ところが闇金は慎重に審査することもなく、500万円まで即日融資などと謳っています。大手の正規業者でも数百万の融資を即日はなかなか難しいです。闇金には実際に500万も融資するほどの財源はありません。

③審査内容が甘すぎないか?
「ブラックでもOK」、「独自審査でどんな方でもお貸しします」といった審査が無いに等しい広告文言には要注意です。
融資する側が審査を行うのは貸す人に返済能力があるのかどうかを調べるためです。融資したお金が回収不能になっては商売になりません。
よって審査をちゃんと行わないところはまず間違いなく闇金と言ってもいいでしょう。

④金利発生が遅すぎないか?
闇金でよく見かけるのは「3ヶ月無利息」、「お支払いは3ヵ月後から」といった長期間無利息の広告文言です。
3ヶ月も無利息だと、完済してしまう人が結構いて商売になりません。

⑤貸金業登録をしているかどうか?
金融業を営むには最低条件として、お店のある都道府県または財務局の登録認可が必要です。
広告面やメーカーサイトに登録番号の表記があるかご確認ください。
登録は3年毎に更新されるため、( )内の数字が大きいほど長く経営していることになるため、数字が大きいほど信頼できる業者と言えます。
※但し、優良な正規業者でも本当に直近に営業を始めている場合は(1)となるので、数字が若いからといって一様に闇金とはいえません。

⑥信用情報機関に加盟しているかどうか?
正規業者で信用情報機関に加盟していない業者はまずありません。


闇金に手を出した、その後の人生は地獄です。手を出す前にキャッシング会社選びは慎重に行いましょう。
万が一、手を出してしまった場合は、警察・弁護士に相談しましょう。

TOPへ戻る
スポンサーサイト
検索エンジン登録代行 アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。